コラム|町田駅で歯科をお探しの方は【町田駅東どひ歯科口腔外科】まで

診療時間 日祝
9:00~12:30
14:00~20:00

:土曜午後は13:30~17:00
休診日:木曜・日曜・祝日
最終受付は診療終了30分前まで

〒194-0021
東京都町田市中町1-2-16

  • 地図

歯周病が心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすって本当?

皆さんこんにちは。

町田駅東どひ歯科口腔外科です。

歯周病は、歯茎だけでなく顎の骨まで溶かしてしまう怖い病気ですが、重症化すると全身疾患の発症リスクも引き上げてしまうのをご存知でしょうか。

とくに、心筋梗塞や脳梗塞などは命にかかわる重篤な病気であるため注意が必要です。

今回はそんな歯周病がなぜ全身の病気を引き起こすことがあるのかについて詳しく解説します。

歯周病菌が全身へ広がる

歯周病菌というのは、初期の段階では歯面の歯垢や歯石などで繁殖するにとどまりますが、進行していくにつれ深くなった歯周ポケット内でも増えていくようになります。

すると、歯茎に分布する血管を通じて血流に乗り、全身へと広がっていくようになるのです。

そうして引き起こされるのが心筋梗塞や脳梗塞といった血管の病気ですね。

歯周病菌が血管を詰まらせる

歯周病菌が血流に乗って全身を巡ると、血管に対して大きなダメージをあたえるようになります。

その結果、動脈硬化を引き起こしたり、血管を詰まらせたりするのです。

歯周病というのは、単なるお口の病気と思われがちですが、重症化させてしまうとそのような深刻な症状をもたらすこともあるのです。

その他の全身疾患について

重症化した歯周病では、その他、誤嚥性肺炎や糖尿病などのリスクを上昇させることもわかっています。

とりわけ高齢の方は、誤嚥性肺炎に注意しましょう。

最近では肺炎で亡くなられる方も増えてきていることから、そのリスクは可能な限り取り除くことが大切です。

そのためには、歯周病を悪化させないことはもちろんのこと、定期検診などを受けて予防に努めることをおすすめします。

まとめ

このように、歯周病は単なる歯茎の病気ではなく、全身の健康までおびやかす怖い病気ですので、予防や早期治療を心がけましょう。

今現在、歯周病の症状が認められる方は、ぜひ一度当院までお越しください。

歯周病の状態を正確に見極め、適切な治療法をご提案いたします。

歯周病予防に有効なケア方法についてもご案内しております。


ページトップへ
^