コラム|町田駅で歯科をお探しの方は【町田駅東どひ歯科口腔外科】まで

診療時間 日祝
9:00~12:30
14:00~20:00

:土曜午後は13:30~17:00
休診日:木曜・日曜・祝日
最終受付は診療終了30分前まで

〒194-0021
東京都町田市中町1-2-16

  • 地図

親知らずが抜歯になることが多いのはなぜ?

皆さんこんにちは。

町田駅東どひ歯科口腔外科です。

親知らずの痛みが原因で、歯科を受診する方は少なくありません。

親知らずは、その他の歯とはいろいろな点で異なることから、お口の中でトラブルを引き起こしやすいのです。

そんな親知らずの治療では抜歯が適応されやすいのですが、今回はその理由について詳しく解説します。

親知らずは清掃性が悪い

親知らずは、一般的に15~20歳くらいに生えてくる奥歯です。

その頃には、すべての永久歯が生えそろっていて、親知らずが生えてくるスペースが不足しやすいのが現実です。

すると、親知らずは限られたスペースに萌出しようと試みるため、斜めや半分埋まった状態で生えてくることも珍しくないのです。

そうした異常な生え方の歯というのは、清掃性が極めて悪くなる、歯周病やむし歯のリスクが高くなります。

治療しても再発しやすい

通常の永久歯がむし歯になったら、歯質を削ったり、根管治療を行ったりするなどして、歯の保存を第一に考えます。

けれども、親知らずの場合はもともと清掃性が悪く、保存的な処置を施しても再発するリスクが高いことから、抜歯が適応されやすくなっているのです。

周りの組織にも悪影響を与えやすい

親知らずを早期に抜歯する理由としてもうひとつ、周囲の歯や組織に悪影響を与えやすいという点が挙げられます。

問題のある親知らずを放置することで、隣の歯の歯根が吸収されたり、炎症が周囲へと波及したりするおそれがあるのです。

そういったリスクを未然にふせぐという意味でも、親知らずの抜歯が優先されることがあります。

まとめ

このように、親知らずはいろいろな理由から抜歯が優先される永久歯です。

とはいえ、全ての親知らずを抜歯しなければならないわけではなく、状態によっては保存できることも多々あります。

ですから、親知らずにトラブルが生じた際には、出来るだけ早期に当院までお越しください。

患者さまのお口の状態を見極めた上で、最善といえる治療法をご提案いたします。


ページトップへ
^